妻側の悩み

「旦那が自分の時間ばかり…子育てしてよ!」と思ったら読んでみて

閲覧ありがとうございます。

休日はゲーム三昧の夫と暮らしてます。主婦のScoです。

『夫が育児よりも自分の時間を優先する!父親の自覚はないの!?』

私もそう思ってました。「私の自由時間ないんだけど!」って内心怒ってました。

男性は休日に自分の時間を確保することで、平日の仕事を頑張っているそうです。

だから自分の時間を削ってまで、家族サービスをする必要はないと思ってます。

それに妻が何も言わないので「それでいいんだ」と思っている可能性も。

もし夫にも育児をしてもらいたいなら、合理的な話し合いをしましょう。

「育児をすることでメリットがある」と理解すれば、自発的にやってくれるはずです。

記事後半では、夫が納得する「話し合い方」も紹介しています。

▼この記事は下の本を読んで書きました(Unlimitedなら30日間無料で読めます)

育児よりも自分の時間が大切なの?

私の夫も、休日はゲーム(スプラトゥーン)やスマホ、もしくは寝てるだけ。

休日は好きなように自分の時間を過ごしています。

一方私は土日も変わらず、ずーっと娘の遊び相手。

ほぼ平日と変わらない。むしろ休日の方が大変。

もちろん一人になれる自分時間なんて、ほぼありません。

娘に許可している「2時間の動画タイム」だけ。

でも娘がそばにいるので、完全に気を休めないんですよね。

なので自由にゲームして寝ている夫がうらやましく思いました。

「平日は仕事があるから仕方ないけど、なんで休日くらい育児しないの?」

って心の中で、夫に対して怒ってました。

スコ

SNSには「子供を公園へ連れて行った」とか

「子供におやつを作ってあげた」とか

そんなお父さんもいるのに…と思ってました。

夫が自分の時間を優先する理由

だからモメる! これで解決! 男女の会話答え合わせ辞典

この本を読んで、夫が自分の時間を優先する理由がわかりました。

【趣味の時間】

仕事や家庭の息抜きとして不可欠と思っているので、何とか確保したい。

理解されなかったり非難されると不快』

つまり仕事のストレス解消のために、何よりも優先したい時間なのだとか。

平日の仕事を頑張れるように、土日をストレス解消の日にする。

そうすれば効率的に仕事を頑張れるはず、と思っています。

さらに男性は「シングルタスク」で「合理的な性格」の持ち主。

女性のように育児しながら家事する、趣味をしつつ育児するのは苦手です。

なので「育児の時間=自分の時間を削ってやること」と思っています。

そして自分の時間を確保できないと、仕事を頑張れないかもしれない。

それは仕事の給料で家族を養う自分にとって、合理的じゃない。

(合理的=きちんとした理由があって納得できること。無駄がないこと)

だから自発的に「子供の面倒をみよう」とは思わないらしいです。

スコ

合理的でない事は、男性にとってストレスらしいですよ。

妻が何も言わない=問題ないと思っている

私たちが心の中で「父親なんだから育児くらいしなよ!」

と思っていても、何も言わなければ夫はこう思うそうです。

「妻は何も言わないから、俺の趣味の時間についても理解してくれてる!」

その理由は夫の頭の辞書に「察する」という単語がないから。(本に書いてました)

なので「妻へ育児の負担が寄ってるから、俺も育児しないとな」とは察しない。

「妻は何も言わない=妻は何も不満に思ってない」と受け取ります。

そして「お願いされてないから、何もしなくていい」とも思ってます。

なので妻が不機嫌そうにしていても、理解できないらしいです。

「毎日家に帰って給料を渡しているのに、なんで妻は怒ってるの?」って感じ。

(男は「稼ぐこと」が家族への愛情表現と思ってます)

男性は察することができない、頼まれてないならやらない…。

なので夫は「妻が自分の時間を削ってまで育児をやっている」とは気付いてない!

という可能性があります…。私も本を読んで知った時は「嘘でしょ…」と思いました。

スコ

一方、女性は「我慢=報われるべき自己犠牲」と思うそうです。

なので「我慢が報われない=私の気持ちを踏みにじられた」と感じます。

すると自分の事を大切にしてくれない夫へ、不満や怒りを抱きます。

自分優先の旦那を変えるには?(話し合い方)

だからモメる! これで解決! 男女の会話答え合わせ辞典」によると、

男性は(女性と違って)このように考えているそうです。

  • 言ってくれないとわからない
  • 指示や支配されることを嫌がる
  • 家族サービスは「自己犠牲」
  • ケンカ=勝ち負け。「気持ちをぶつけて理解する」ではない
  • 自分の考えが正しいと思っている
  • 言葉をそのまま受け取る
  • 効率性や合理性が大事

つまり、女性のように「感情的に訴え、気持ちをぶつけて理解し合う」のは苦手。

『私、自分の時間を犠牲にして育児やってるの!

なんであなたは分かってくれないの?あなたも父親でしょ?

それくらい察して、子供の面倒みてよ!』ではケンカになります。

スコ

「お前は間違ってる!父親なのに無責任だ!そんなこともできないの?

私の言う通りにこうしなさいよ!(命令)」と受け取るからです。

つまり、男が嫌がる言葉ばかりなんです。

なので夫が「それなら納得できる。俺も休日は育児するよ」

夫が自発的に育児をやろうと思える話し合いが大切です。

スコ

夫が納得する「育児の話し合い方」を3パターン用意しました。

ですが③は「どうしてもやってくれない時」にした方が良いかも。

①合理的な話をする

男は合理的な話(筋が通っている話)なら納得します。

自分にデメリットしかない話は「無駄な事」と受け入れられない可能性も。

なので「お互いにメリットのある話」をしてみてはいかがでしょう?

男は「自分の考えは正しい」と思っています。

なので最初に「あなたの考えは正しい」と認めると、話を聞いてもらいやすい。

さらに男性は「いつも妻が機嫌よく居てくれる」と生活に満足するのだとか。

その2点を利用してみましょう。

あなたは休日に趣味の時間を持つことで、リフレッシュしているんだよね。

その気持ちは分かる。その時間も尊重してあげたい。(気持ちの受け止め)

でも私…最近自分の時間を持てなくて、リフレッシュできてないの。

だからイライラが溜まって、機嫌が悪くなりそうなの。

だからせめて土日のどっちか、午前午後のどっちか、

私が一人になれる時間を確保してもらえると嬉しい。

あなたも自由時間は好きな事しててもいいから。

そうすれば毎日機嫌よく居られると思うの。(メリットの提示)

私も毎日、あなたや子供の前では笑顔で居たいな。

②上手に甘える

男性は「人に頼られたり、人に尊敬される」のが好きです。

なので夫へ上手に甘えて、やってもらったらめちゃくちゃ感謝しましょう。

良い方はアレですが「豚もおだてりゃ木に登る」作戦で行きます。

お願いする時は「Iメッセージで伝える」と話を聞いてもらえやすいです。

ちょっとお願いしたいことがあるんだけど…いいかな?

実は最近疲れがたまってて、ちょっとツラいんだ…。

土日ずっと子供の相手していると、リフレッシュできる時間が持てなくて…。

だから私がリフレッシュできる、一人の時間がほしいな。(Iメッセージ)

実家に行ったり、公園に行ったり、そこはあなたに任せるよ。

リフレッシュできる時間が持てたら、毎日機嫌よく頑張れると思う!

子供の面倒を見てくれたら、夫の好きな料理を用意して、

子どもと一緒に遊んでくれてありがとう。(感謝)

あなた子どもと遊ぶのほんと上手だよね!(尊敬)

あの子すっごく喜んでたよ。

私もたっぷりリフレッシュできたよ、ほんとありがとう!(感謝)

男は「ありがとう」と感謝されると、やる気を出す生き物らしいです。

そして「ありがとう」と言われると、エンドルフィンという脳内物質が出ます。

このホルモンは「気分が良くなる」作用があります。

なので夫も「子供の面倒を見ると、妻から感謝したり褒めたりしてもらえる」と感じ

育児すれば妻が喜んでくれる(自分にもメリットがある)と覚えます。

すると自発的に育児をやってくれるかもしれません。(私の夫には効果ありました)

スコ

夫へ甘えるのに抵抗があるかもしれませんが、

男は「必要とされると張り切る」生き物らしいです。

なので上手に甘えられたら、あなたも生活しやすくなるはず。

③泣く・自分の親に頼る

③は「➀②に効果がなかった時の最終手段」って感じです。

良い方にも悪い方にも転ぶ可能性があるので、最後の切り札にしましょう。

男性は「女性に泣かれると困惑する生き物」らしいです。

甘え上手な人は「泣くこと」も武器にするそうですよ。

(泣く=守ってあげたくなる存在と男性が認識するため)

ただし夫にとって「泣かれたら困るから、仕方なくやる」という感じになります。

なので「自ら進んでやる」ではなく「やりたくないけどやる」って感じ。

夫にとってはメリットがなく、ストレスがたまるかもしれません。

そして「自分の親に頼る」という方法もあります。

夫は「妻に頼りにされたい」と思う生き物です。

妻の両親に頼るという事は「あなたよりも親の方が頼りになる」を意味します。

なので「妻に頼られたいと思う」夫のプライドを、傷つけてしまうかもしれません。

夫は「妻が自分を理解してくれない」事に、猛烈な寂しさを感じるのだとか。

妻の両親に頼られたくないと思い「俺が育児する」と言い出すかもしれませんが、

もしかしたら「そんなに親が良いのかよ」と怒ったりへこんだりするかもしれません。

スコ

できれば➀「合理的に話す」②「上手に甘える」を使った方が良いですよ。

話し合いがめんどくさいなら

『何で私ばっかり夫へ気を配らないといけないの?めんどくさい』

まぁそう思いますよね。確かにめんどくさい。

「つべこべ言わずに育児くらいしてよ!」って私も思います。

ただ「他人の考え方を変える」ってすごく難しいことなんです。

変えられない物の代表に「過去」と「他人」が挙がるくらいですし。

なので「相手にとってメリットがある」と思わせないと、相手は行動してくれません。

『多分話し合いしてもわかってくれない』と言うなら、お金で解決しましょう。

あなただけが自分の時間を我慢する必要はありません。

(残念ながらあなたの自分時間を犠牲にしても、夫は何もしてくれません)

  • 時間のかかる家事を外注する(その間を自由に過ごす)
  • 子供を安心して預けられる場所に託す

男は『妻が笑顔でいてくれることが何よりの喜び。

頑張りすぎず、妻がご機嫌でいるだけで、生活の満足度が上がる』そうです。

なので家事代行もベビーシッターも、あなたが機嫌よくいるための必要経費です。

それにあなたも自分の時間を持てたら、夫の趣味時間にも寛容になれるはず。

それで夫婦機嫌よく居られるなら、意味のあるお金の使い方だと思いますよ。

▼家事を外注するなら

【CaSy】

▼子供を預けたい(ベビーシッター)

店舗型:ママズスマイル

訪問型:キッズライン

まとめ

『夫が育児よりも自分の時間を優先する!父親の自覚はないの!?』

男性は休日に自分の時間を確保することで、平日の仕事を頑張っているそうです。

男性にとっては、オンオフ切り替えられる合理的な過ごし方。

だから自分の時間を削ってまで、家族サービスをする必要はないと思ってます。

それに妻が何も言わないので「それでいいんだ」と思っている可能性も。

もし夫にも育児をしてもらいたいなら、合理的な話し合いをしましょう。

「育児をすることでメリットがある」と理解すれば、自発的にやってくれるはず。

あなたや子供にもメリットがあるので、話し合いを頑張りましょう!

スコ

『話し合いがめんどくさい、どうせ言い負かされる』

と思うなら、家事育児を外注化しましょう。

あなたが機嫌よく居るための必要経費です。

▼家事を外注するなら

【CaSy】

▼子供を預けたい(ベビーシッター)

店舗型:ママズスマイル

訪問型:キッズライン

▼この記事は下の本を読んで書きました(Unlimitedなら30日間無料で読めます)

釣った魚に餌をやらない夫…理由を知りたい!どう対処すればいい? 閲覧ありがとうございます。 「釣った魚に餌をやらない星座1位」の夫を持つ、主婦のScoです。 釣った魚に餌をやらな...